D.U.N.K. DANCE UNIVERSE NEVER KILLED Showcase in KYOCERA DOME OSAKA

2023.12.2-12.3

オンライン配信詳細発表!LIVE REPORT

ARTIST
出演者

2023.12.2sat京セラドーム大阪

OPEN 15:00 / START 17:00 –
(予定)

SKY-HI
Nissy
Special Collaboration Artist
ATEEZ
ATEEZ
BE:FIRST
BE:FIRST
&TEAM
&TEAM© HYBE LABELS JAPAN
LIL LEAGUE from EXILE TRIBE
LIL LEAGUE
MAZZEL
MAZZEL
IMP.
IMP.© TOBE Co., Ltd.
RIEHATA
RIEHATA

2023.12.3sun京セラドーム大阪

OPEN 14:00 / START 16:00 –
(予定)

SKY-HI
Nissy
Special Collaboration Artist
ATEEZ
ATEEZ
FANTASTICS
FANTASTICS
BE:FIRST
BE:FIRST
Travis Japan
Travis Japan
&TEAM
&TEAM© HYBE LABELS JAPAN
THE JET BOY BANGERZ
THE JET BOY BANGERZ
RIEHATA
RIEHATA

STREAM

D.U.N.K. DANCE UNIVERSE NEVER KILLED Showcase in KYOCERA DOME OSAKA

DAY1 / DAY2

ここでしか見られない
パフォーマンスが
全曲ノーカット!

ライブ配信日時

①DAY1 【12/2(土)公演】 1月3日(水)19:00開演
②DAY2 【12/3(日)公演】 1月19日(金)19:00開演

※すでに収録済みの公演の疑似生配信となります。

※出演者、演出及び配信内容等に変更が生じる場合があります。

見逃し配信日時

① DAY1【12/2(土)公演】
  準備が整い次第〜1月18日(木)23:59まで
② DAY2【12/3(日)公演】
  準備が整い次第〜2月3日(土)23:59まで

販売期間

① DAY1【12/2(土)公演】
  12月21日(木)1:00〜1月18日(木)19:00まで
② DAY2【12/3(日)公演】
  12月21日(木)1:00〜2月3日(土)19:00まで

視聴チケット代
4,800円(税込)

Huluストア
DAY1 DAY2
Huluストアの購入/視聴方法はこちら

LIVE REPORT

「ストーリーを続けよう!時代の変わる声が聞こえるだろう!」
垣根を超えたダンス&ボーカルのエネルギーに京セラドームが揺れた、二日間で7万人が集った「D.U.N.K. Showcase in KYOCERA DOME OSAKA」をレポート。

【DAY1】

「SKY-HI ✕ 日本テレビ」が手掛ける大型プロジェクト「D.U.N.K. -DANCE UNIVERSE NEVER KILLED-」。「ダンス&ボーカルシーンに垣根も差別も必要ない/ここを歴史のターニングポイントにしよう」というSKY-HIの掲げるメッセージを基に、テレビやHuluなどのメディアを通してその魅力を発信し、3月には有明アリーナと幕張メッセにおいて計3回のライブ公演を開催。SKY-HIやBE:FIRSTに加え、GENERATIONSや超特急、&TEAM、DREAMS COME TRUEなどが登場し、大盛況のうちに幕を閉じた。

それから約半年強を経て「D.U.N.K.」の第二章が開幕。10月から放送された4回にわたるテレビ放送、そしてYouTubeなどでその片鱗を明らかにしてきた「D.U.N.K.」の、二度目となるライブイベント「D.U.N.K. Showcase in KYOCERA DOME OSAKA」が、京セラドーム大阪にて12月2日、3日の2Daysで行われた。
今回のイベントについて「等しく門戸が開かれていて、そして等しく楽しみたい」と語ってきたSKY-HI。その言葉通り、この2Daysには所属レーベルや事務所、国境などを超えた12組のアーティストが登場し、そのバラエティに富んだ人選が発表されると、ネットを中心に大きな話題を呼んだ。その二日間の公演を振り返る。

スクリーンに「D.U.N.K. -DANCE UNIVERSE NEVER KILLED-」のロゴが映し出され、会場に流れるこのプロジェクトのテーマソングである「D.U.N.K.」で幕を開けたDay1。そのイントロに合わせて、オーディエンスが身につけたオフィシャルLEDバンドが楽曲に連動し、客席を彩っていく。その光に導かれるように主催のSKY-HIがステージに登場。「踊る準備、遊ぶ準備、歴史の証人になれるやつはどれだけいる!」と呼びかけ、会場からは大きな歓声が上がる。
そして「彼らは時代が変わる象徴だ!」というSKY-HIの呼びかけから、7人組グループ、IMP.が登場。応援の声に包まれる中「IMP.」「SWITCHing」でライブをスタートさせ、会場の熱気はさらに高まっていく。「CRUISIN’」にはSKY-HIがラップで参加し、ラップとボーカルとダンスとのコラボレーションで、楽曲に新たなカラーが加わった。そして12月8日にリリースした「I Got It」で、タイトかつカラフルなライブを締めた。

続いて登場したのは6人組グループ、LIL LEAGUE。平均年齢16歳と、今回の「D.U.N.K.」の中では最も平均年齢の若いアーティストでありながら、「Monster」などでのタフなパフォーマンスは、確実にEXILE TRIBEの遺伝子を感じさせる。ラップで自己紹介を繋げる「48 BARS RELAY」や、マイクスタンドを立て丁寧に歌い上げる「15分」、SKY-HIも参加した「Okay」など、バラエティに富んだ全5曲を披露した。

BMSG所属の8人組ユニット、MAZZELは「LIGHTNING」からライブをスタート。オールドロックとダンスミュージックを織り交ぜた「CAME TO DANCE」にはコラボにLIL LEAGUEを迎え、パーティな雰囲気で会場を満たしていく。「僕たちMAZZELの伝説が始まります」という強い決意が込められたMCから、力強いメッセージ性とボーカル、そしてシアトリカルなフォーメーションダンスが印象的な、この日が初披露となる「Fire」、ポップな「Vivid」と、多面的な可能性を感じさせるライブを展開した。

バックダンサーと共に登場し、ダンスとパフォーマンスの凄味で一気に会場を惹きつけたのは、9人組グローバルグループ、&TEAM。狼をコンセプトにした迫力のイントロにはじまり、この日に向けて新たにブラッシュアップされた「Road Not Taken」でのヒリヒリするような表現、キュートな振り付けが記憶に残る「チンチャおかしい」、MAZZELもダンスで登場した「Scent of you」と、前回の「D.U.N.K.」よりも確実にその表現力とパフォーマンス力の高まりを、全5曲というタイトさの中で表現した。

ダンサー/コレオグラファーとして、BTSやクリス・ブラウンなど世界的なアーティストと関わるRIEHATAと、ダンスの世界大会で4回の優勝経験を持ち、BE:FIRSTではコレオグラフも手掛けるSOTAとのダンスパフォーマンスには、この日に参加したアーティスト陣も選抜登場。その圧倒的なダンススキルから、ステージ上、そして会場中には「ダンスという表現の喜び」が溢れ出す。

ステージに残ったSKY-HIの「これまでのダンス&ボーカルシーンの中でもがいてきた時間、磨いてきたスキルをぶつけよう。さあいこう相棒、SKY-HI × Nissy!」というコールに割れんばかりの歓声が上がる会場。現れたのはスペシャルコラボレーションアーティストNissy。SKY-HIとNissyのコラボで歌われたのは、お互いにソロ活動10年の中で積み上げたものをぶつけ合った1曲「SUPER IDOL」。シニカルで攻撃的な言葉で書き上げられた歌詞の中に、過去と現在、そして未来への希望と思いを込め、SKY-HIのラップとNissyの歌声によって、楽曲はより強いメッセージ性を帯びた。そして曲を歌い終え、感慨深くハグをする二人に、会場からは更に大きな拍手と歓声が贈られた。 10周年の節目にSKY-HI × Nissyがステージ上で繰り広げたパフォーマンスは言葉以上に歴史に残る瞬間だった。
「次のライブは俺!」というコールで幕を開けた主催者であるSKY-HIのライブは「Crown Clown」からスタート。「SKY-HIが『D.U.N.K.』をエスコートするぜ!片手じゃ足りない、両手で見せてくれ!」という言葉に合わせて手を挙げるオーディエンスに向け披露された「Double Down」での会場の圧倒的な一体感は、「D.U.N.K.」というイベントを象徴する光景だったろう。
そしてIMP.をコラボレーションに迎えた「Mr. Psycho」や、この日の登場グループの中からラップに覚えのあるアーティストが参加したRAPコラボレーションなど、そのステージにはSKY-HIの手腕が遺憾なく発揮されていた。

「海を越えてきてくれたぜ!目に焼き付けてくれ!ATEEZ!」という声に続き、大歓声の中で登場した8人組グループ:ATEEZ。12月1日にリリースした最新アルバム <THE WORLD EP.FIN : WILL>のタイトル曲「Crazy Form」から、日本語で歌われる「ROCKY (Boxers Ver.)」、2019年にリリースされた「UTOPIA (Japanese Ver.)」と、初期作から最新曲まで、これまでのキャリアを表現するような構成でオーディエンスを魅了する。「ドームで、皆さんにお会いできて光栄です」「ATINY、叫べ!」「ホンマにめっちゃ好きやで!」と、MCの多くは日本語で発信され、そのリスナーフレンドリーなスタンスも印象に残る。

「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2023」では、&TEAM「FIREWORK」、BE:FIRST「Boom Boom Back」が生中継で放送され、「Boom Boom Back」には&TEAMもダンスで参加するサプライズで湧かせた。
2023年の音楽シーンを席巻した一曲である「Mainstream」を冒頭から披露し、会場を一気にホームとしたのは、7人組グループBE:FIRST。「『D.U.N.K.』最後のアーティスト、BE:FIRSTです」という言葉からは、この日のトリであることを宣言すると共に、そこへの自負と自信を強烈に感じさせられた。「Milli-Billi」でのフォーメーションとシンクロダンスや、エモーショナルなボーカルが響く「SOS」、会場が一体となってタオルを回した「Great Mistakes」と、BE:FIRSTの持つ魅力を存分に振りまき、ラストは「Scream」でそのステージを終えた。

そしてイベントは「D.U.N.K.」恒例のすべての参加アーティストが登場してのダンスサイファーで終了。すべてのアーティストが喜びを分かちあい、Day1を終えた。


【DAY2】

10人組グループ、THE JET BOY BANGERZの放つ、ソロとフォーメーションの両面で魅せる、アクロバティックでフレッシュなダンスパフォーマンスで幕を開けた『D.U.N.K.』のDay2。フレーズごとにビートパターンが変化し、それに併せてダンスやボーカルのアプローチも変わっていく「TEN」は、今回「D.U.N.K.」で初披露。EXILE魂を継承するグループの猛々しいパフォーマンスに、会場の興奮は加速。写真撮影の際の「決めポーズ」のような振り付けが印象的な「PHOTOGENIC」では、「セイ、チーズ!」の歌詞とともに会場全体を巻き込み、ステージを一気に駆け抜けていった。

Day1にも登場した&TEAMのコールで登場したTravis Japanは、グループを代表する楽曲「My Dreamy Hollywood」でライブをスタート。スマートで流麗なダンスと、ディスコティックなトラックに乗せた楽しげなボーカルという、Travis Japanの7人だからこそ表現できるパフォーマンスに大きな歓声が上がる。そしてTHE JET BOY BANGERZも参加した「Candy Kiss」、BE:FIRSTとのユニゾンダンスで華やかに魅せたグローバルデビュー曲「JUST DANCE!」などのコラボパフォーマンスに加え、メンバー間のコミカルな掛け合いと、ステージを走り回ってのサービス満点なMCなど、エンターテイナーとしての実力と力量の高さをステージ上で形にした。

安定感の強い、余裕すら感じさせるパフォーマンスで「Tell Me」を披露し始まったFANTASTICSのライブ。メンバーの個性が現れたソロパフォーマンスに加え、MAZZELとのコラボという豪華な構成で形になった「Drive Me Crazy」、挑発的でエネルギッシュな「Tumbling Dice」と、熱量の高いパフォーマンスで、ドームをFANTASTICSのカラーで染める。そしてLDHで歌い継がれる名曲をFANTASTICSとして新たに表現した「Choo Choo TRAIN」、フルでは初披露となる「STARBOYS」など、全8曲のステージの中には、今年デビューから5周年を迎えるFANTASTICSの蓄積が色濃く滲んでいた。

そしてSKY-HIが登場し、ダンス&ボーカルシーンを牽引してきたLDHへのリスペクトを言葉にすると同時に、その思いをダンスバトルとして展開した「LDH VS BMSG」で形になった愛と敬意は、ドームでその光景を観るすべての観客の胸に響いただろう。そのリスペクトの感情は、続くRIEHATAとSOTA(BE:FIRST)が主導したダンスコラボにも強く表れていた。
1日目に披露され大きな話題を呼び、12月4日にリリースされることが発表されたSKY-HI × Nissyでの「SUPER IDOL」に続き、SKY-HIのライブが開始。FANTASTICSとの「Snatchaway」、Travis Japanとの「Mr. Psycho」、出演陣とのラップでのセッションと、ソロ曲に加えコラボにも大きな拍手が上がる。そして「ストーリーを続けよう!時代の変わる声が聞こえるだろう!」と叫ぶように観客にメッセージした。

ATEEZの充実のライブに続き、オオトリはBE:FIRST。「最高の音楽仲間を連れてきたぜ!&TEAM!」とコールし、コラボでの「Boom Boom Back」など、新たなアプローチで観客を盛り上げた。

この日のアーティストが総登場するダンスサイファーで大団円を迎えたDay2。大きな拍手に包まれ、興奮冷めやらぬ会場のスクリーンには「D.U.N.K. Showcase in KYOCERA DOME OSAKA/Huluにて独占オンライン配信決定!詳しくは、12/20(水)深夜放送「D.U.N.K.」#5で発表!」というアナウンスが流れ、観客からはその期待への歓声と拍手が上がった。

ダンスや音楽というアートに対しての尊敬と愛情をライブとして結実させた「D.U.N.K. Showcase in KYOCERA DOME OSAKA」。ダンス&ボーカルシーンへの期待を高め、さらなる飛躍を感じさせるイベントは、充実のうちに幕を閉じた。

TEXT : 高木 ‟JET” 晋一郎
Photo : ハタサトシ
藤井 拓
ヤオタケシ
高田梓
田中聖太郎

GOODS

オフィシャルグッズ
全商品発表!

オリジナルビッグシルエットパーカー Black
「D.U.N.K.」オリジナル
ビッグシルエット
パーカー
フルZip Black9,800円(税込)SOLD OUT
オリジナルビッグシルエットパーカー White
「D.U.N.K.」オリジナル
ビッグシルエット
パーカー
フルZip White9,800円(税込)SOLD OUT
オリジナルビッグシルエットパーカー Blue
「D.U.N.K.」オリジナル
ビッグシルエット
パーカー
プルオーバー Blue9,800円(税込)SOLD OUT
オリジナルビッグシルエットパーカー Pink
「D.U.N.K.」オリジナル
ビッグシルエット
パーカー
プルオーバー Pink9,800円(税込)SOLD OUT
オリジナルキャンバストートバッグ
「D.U.N.K.」オリジナル
キャンバス
トートバッグ

3,200円(税込)
オリジナルスポーツタオル(アーティストロゴ入り!)
「D.U.N.K.」オリジナル
スポーツタオル
(アーティストロゴ入り!)
3,500円(税込)
オリジナル ステッカー
「D.U.N.K.」オリジナル
ステッカー
800円(税込)
オリジナル クリアケースチャーム
「D.U.N.K.」オリジナル
クリアケースチャーム
1,100円(税込)
オリジナル ビッグシルエットTシャツ
「D.U.N.K.」オリジナル
ビッグシルエット
Tシャツ
3,800円(税込)
オリジナル ピックピン
「D.U.N.K.」オリジナル
ピックピン
全11種ランダム販売
500円(税込)

※デザインは予告なく変更になる場合がございます。

日テレ屋
(汐留店・東京駅店)にて
販売中!

▼ 営業時間 ▼
汐留店 AM10時30分~、
東京駅店 AM10時からOPEN

▼ 問い合わせ先 ▼
汐留店:03-6215-9686
東京駅店:03-5980-8658

※ご来店のタイミングによってはお品切れの
場合もございます。予めご了承ください。

日テレ屋webにて
販売中!

日テレ屋Web

【グッズのご注文に関して】

  • ご注文前に、必ず各商品詳細ページに記載されている案内を確認の上、ご注文ください。
  • ご注文後のキャンセルは承れません。

SPONSORS

LAWSON ENTERTAINMENTsmash.
MAYBELLINE NEW YORK

INFORMATION

お客様へのお願い及び注意事項

<チケットに関して>

下記、全ての項目を必ずご確認いただき、ご同意の上(同行者様含む)チケットのお申し込みをお願いいたします。

  • 本公演はお一人様各日4枚までのお申込みとなります。
  • 本公演は未就学児童の方のチケット購入、入場は不可とさせていただきます。
  • 公演中止または延期の場合を除き、チケットの払い戻しは一切出来ません。あらかじめご了承ください。
  • 購入後やむを得ずご来場が叶わない場合には、ご購入頂いたプレイガイドのチケットリセール(売却)サービスをご利用ください。(購入希望者がいない場合は成立しない場合もございます。)
  • 電子チケットを2枚以上購入されて同行者がスマートフォンをお持ちでない場合は、購入者と同時入場に限り入場可能となります。全員ご一緒にご来場いただき、人数分のチケットを入場口でご提示ください。
  • 第三者へのチケット転売または譲渡する行為は、目的・理由に関わらず一切禁止となります。

<ご来場に関して>

  • 当日、車椅子でご来場の方は、車椅子用の鑑賞スペース(指定席エリア)にご案内いたします。鑑賞スペース確保の都合上、チケットをご購入いただきましたら、公演1週間前までに公演お問い合わせ先までご連絡をお願いいたします。介助が必要な方のみお連れ様は1名まで一緒にご覧いただけますが、必ずチケットが必要となります。確認のため、障害者手帳等の証明書を拝見させていただく場合がございます。
  • ご購入された座席以外のご利用、その他、他のお客様のご迷惑になる様な行為はご遠慮ください。
  • 客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがありますので予めご了承下さい。

皆様のご協力の取り組みが安全にライブを開催する事につながります。皆さまひとりひとりのご理解とご協力の程、お願い申し上げます。

<応援グッズの会場持ち込み禁止に関して>

本公演は公式のLEDバンドを使用した演出がございます。
D.U.N.K.オフィシャルLEDバンド以外の光る物とキャラクターを使用した物は、ライブ中はご使用いただけません。

A4サイズ以下で胸の高さに掲げる範囲であれば、その他制限ございませんが、周りのお客様のご迷惑にならないよう、ご配慮お願いいたします。

イベントに関するお問い合わせ
SOGO OSAKA 06-6344-3326
(平日14:00-16:00)

D.U.N.K DANCE UNIVERSE NEVER KILLED 10/18 wed 24:59 日本テレビ START
back
VOL.1 archive
エリアマップ

【D.U.N.K. OFFICIAL
LED BAND】
D.U.N.K. Showcase in
KYOCERA DOME OSAKAに
ご来場のお客様へ

「D.U.N.K. Showcase in KYOCERA DOME
OSAKA」では無線コントロール式ライト(D.U.N.K. オフィシャル LEDバンド)を使用した演出がございます。
本公演では、ご使用の際にLEDバンドへの座席登録が必要となりますので、スマートフォンアプリ「D.U.N.K. OFFICIAL LED BAND」を事前にインストールの上、座席登録のご協力をお願いいたします。
なお、開演が近づくと電波の混雑が予想されますのでご注意ください。

【対象公演】
12月2日(土)、12月3日(日) :
京セラドーム大阪
【アプリの使用方法】
  1. 「D.U.N.K. OFFICIAL LED BAND」アプリをインストール後、アプリを起動してください。
  2. 画面に表示される公演日時を選択してください。
  3. 画面の公演情報を確認後、お手元にチケットを準備し「座席入力」ボタンをタップしてください。
  4. 該当番号をスクロールして順番に選択してください。
  5. 選択が終わったら、入力した座席情報に間違いがないことを確認し「座席入力完了」ボタンをタップしてください。
  6. アプリに登録された座席情報とお持ちのチケットの座席情報が一致しているのを確認し「確認」ボタンをタップしてください。
  7. お手元にLEDバンドを準備し、画面の指示に従って操作してください。
    LEDバンドをスマートフォンの画面に近づけ「接続」ボタンをタップしてください。
  8. LEDバンドとスマートフォンが繋がると画面にBluetoothペアリングを求められますので「ペアリング」をタップしてください。
  9. LEDバンドとスマートフォンの画面の色が同じ色に変わったら「はい」を押してください。
  10. チケット情報登録完了のメッセージが表示され、座席情報は正しく登録されました。
本公演では開演前にLEDバンドの点灯チェックを行います。
座席情報の登録が完了したら、指示があるまではLEDバンドの電源スイッチをOFFにした状態でお待ちください。

詳しい使用方法(画像付き)は下記URLをご確認ください。
説明ページ:https://app.pikabon.com/ja/d.u.n.k-light
【座席番号入力に関する
注意事項】
※LEDバンドへの座席登録開始日時は各公演日当日からとなります。
 12月2日(土) 0:00~ 公演日表示開始
 12月3日(日) 0:00~ 公演日表示開始
※アプリ1つで複数のLEDバンドに座席情報を登録することが可能です。
1つ目の登録完了後、2つ目以降のLEDバンドにつきましても同様に【アプリの使用方法】の手順にて登録を行ってください。
※2公演以上ご参加されるお客様は、毎回公演の度に座席登録が必要となります。
【ペンライト及び
アプリについての
お問い合わせについて】
その他、上記以外のご不明点に関しましては会場に設置されております「LEDバンドお問い合わせ窓口」までお越しください。
LEDバンドお問い合わせ窓口は、アリーナ1側ホワイエ、3塁側ホワイエ・スタンドコンコース8Gate・13Gate※「LEDバンドお問い合わせ窓口」は開場してから場内のみの設置となります。
※混み合う可能性もございますので、お早めのご来場にご協力をお願いいたします。
アプリのダウンロードはこちら
iOS

App Store
Android

Google Play
「D.U.N.K. Showcase in KYOCERA DOME OSAKA」Huluにて独占配信決定!詳しくは12月20日(水)深夜放送「D.U.N.K.」#5で発表!